日帰りツアー、バスツアー、はたまた海外へ?
ホリデープランで楽しく過ごそう!

ホリデープランでリフレッシュ

どこかに行きたいとは思っていても、計画がたてれずに結局どこにも行けてない。余裕はあるんだけど外出めんどくさい、家でごろごろしてよう。日々の生活に追われ、久しぶりの休日は寝てたら終わってた・・・等々、せっかくの休みでもなかなか上手に使えないことも多々あります。計画をたてるのってなかなか難しいですよね。でも調べてみると色々あるものです、あなたもホリデープランをたててみよう。

今回のホリデープラン休日利用計画は、北海道日帰りバスツアー編!雄大な自然に囲まれた北の大地を日帰りバスツアーでたっぷり楽しんじゃおう。見どころが満載の北海道はツアー内容がとても豊富。ツアー会社も多くあり、各々個性的な内容でとても魅力的です。その中から少しですがオススメの日帰りバスツアーを紹介。今回も楽しいホリデープランが出来そうです、ホリデーをたっぷり利用しましょう。

北海道で日帰りツアーを楽しもう!

わくわくホリデー

わくわくホリデー日帰りバスツアー 美味しいパン屋・田園レストラン・ワイナリー巡り
JR札幌駅北口(9:00)⇒地下鉄新さっぽろ駅(9:40)⇒一玄舎ベーカリー(天然酵母のクロワッサン・クリームパンが美味しい長沼のパン屋さん)⇒道の駅マオイの丘公園(トイレ休憩)⇒田園レストラン里日和(長沼町の真白な冬景色を眺めながらのランチ)⇒道の駅マオイの丘公園(トイレ休憩)⇒宝水ワイナリー(ワインの試飲・お買い物)⇒FARM YARD(手作りジャム・ケーキのお買い物)⇒地下鉄新さっぽろ(17:00頃)⇒JR札幌駅北口(17:40頃)

わくわくホリデー日帰りバスツアー 小樽・余市・古平うまいものめぐりと余市湯ったり鶴亀温泉
地下鉄新さっぽろ(8:00)⇒JR札幌駅(8:40頃)⇒JR手稲駅(9:30頃)⇒小樽運河ターミナル・桑田屋(ぱんじゅをご賞味)⇒余市・燻製屋(エビパウダープレゼント)と余市神社参拝⇒古平・新家寿司(選べるご昼食を!!)⇒余市・鶴亀温泉⇒南樽市場(たこ八とイカシューをご賞味)⇒JR手稲駅(17:10頃)⇒JR札幌駅(18:00頃)⇒地下鉄新さっぽろ駅(18:40頃) ※日曜日出発に関しましては、小樽の大八栗原蒲鉾店にてたこ八とイカシューをバスへ積み込み、新南樽市場の見学となります。

わくわくホリデー ママと子どもの、パパと子どもの 日帰りバスツアー
JR札幌駅〔北口・鐘の広場集合〕(9:30発)⇒JR新さっぽろ駅〔北洋銀行新さっぽろ店前集合〕(10:15)⇒【平日】岩塚製菓千歳工場〔米菓子工場の製品のお土産〕/【日・祝】サッポロビール千歳工場〔出来立て生ビールまたはソフトドリンクの試飲〕⇒千歳・箱根牧場(選べるご昼食♪、小動物のふれあい体験・ウシとのふれあい〔自由〕)⇒新千歳空港ビル内 『ドラえもん わくわくスカイパーク』 無料ゾーン見学後、選択で1箇所入場 ①『ドラえもん わくわくスカイパーク〔有料ゾーン〕 ②『シュタイフ ネイチャーワールド』⇒<高速道>⇒JR新さっぽろ駅(17:00)⇒JR札幌駅(17:30)

>もっと見る


札幌通運-クラブゲッツ札幌センター

日帰りバスツアー 滞在時間約4時間!Getsライナー「旭山動物園号」で旭山動物園を満喫!
ホリデープランにぴったりの、人気の旭山動物園への日帰りバスツアー。滞在時間がたっぷりあってゆっくりと散策できると好評です。ホリデーに旭山動物園へ遊びに行こう!

チサングランド札幌(7:10)⇒ホテルオークラ札幌(7:25)⇒札幌通運本社前(7:40)⇒札幌全日空ホテル(7:55)

日帰りバスツアー 流氷砕氷船『ガリンコ号II』へ乗船したあとは海鮮炉端焼きを食べよう!
この季節限定、大迫力の流氷を観に行こう!流氷砕氷船「ガリンコ号II」に乗り込み日本最北のオホーツク海へ。昼食はオホーツクの海の幸、ホッケ・ほたて・ぼたんえびにかに汁です。冬の北海道をいっぱい詰め込んだホリデープランです。

チサングランド札幌(06:25)⇒ホテルオークラ札幌(06:40)⇒札幌通運本社前⇒(06:55)⇒札幌全日空ホテル(07:10)

日帰りバスツアー 幻想的な氷の祭典!層雲峡氷瀑まつり&旭山動物園
冬の旭山動物園を散策したあとは、層雲峡氷瀑まつりへ、ホリデープランにぴったりの神秘的な日帰りバスツアー。ライトアップされた氷注、氷のトンネル、アイスドーム等の雪と氷のオブジェが幻想的な世界へと誘います。神秘的なホリデー体験をぜひ。

チサングランド札幌(07:25)⇒ホテルオークラ札幌(07:40)⇒札幌通運本社前(07:55)⇒札幌全日空ホテル(08:10)

>もっと見る


北海道中央バス

北海道中央バスの日帰りツアー 冬の札幌1日コース
充実したホリデーを過ごすなら、冬の札幌の定番をぎっしりと詰め込んだ日帰りツアー、冬の札幌1日コースがおすすめ。赤レンガの建物が印象的なさっぽろビール博物館、「赤レンガ」の愛称で親しまれている北海道庁旧本庁舎、大通公園、北海道神宮を回った後は中央卸売市場場外市場での昼食、北海道特産の新鮮な海の幸がたっぷり。鮮度抜群の市場ならではのものが食べられます。最後はクラーク像で有名な羊ヶ丘展望台。帰りは地下鉄福住駅や札幌市時計台、すすきのでも降車可能、ホリデープランにぴったりの日帰りツアーです

北海道中央バスの日帰りツアー 笏湖ホワイトロード 秘湯丸駒温泉と支笏湖探訪
大自然に囲まれた支笏湖と秘湯・丸駒温泉、ウトナイ湖を回る日帰りツアーです。支笏湖は全国有数の透明度を誇る、日本最北の不凍湖です。湖畔散策後は湖畔の一軒宿、大正4年創業の丸駒温泉旅館での入浴がお楽しめます。創業当時からある天然露天風呂に浸かれば散策の疲れも吹き飛びます。ウトナイ湖は国指定鳥獣保護区、ラムサール条約の登録湿地であり、北海道の豊かな自然を満喫できる最高のロケーションです。大自然を堪能できるホリデープランです。

北海道中央バスの日帰りツアー 藻岩山&大倉山 冬の夜景コース
まずは雪上車に引かれるソリに乗って頂上へ、藻岩山頂展望台からは360度パノラマを見学する事が出来ます。帰りはリニューアルオープンした藻岩山ロープウェイを利用。次は大倉山へ。大都市・札幌の町並みと石狩平野、石狩湾が一望できる大倉山は、1972年に開催された冬季オリンピック札幌大会でジャンプ競技場になったことでも知られています。現在はサマージャンプやナイタージャンプも可能な近代的設備が整い、国際的な大会が数多く開催されています。

>もっと見る

ホリデープランは盛りだくさん

日帰りバスツアーはオーソドックスなものからマニアックな日帰りツアーまでまだまだ盛りだくさん。紹介したのは極々一部のホリデープランです。今回の北海道編では特に種類が豊富で目移りしちゃいますが、それもふくめてホリデープラン、悩むことまで楽しんじゃいましょう!

ただただ消化するだけの休日とはこれでおさらば!おいしいものを食べるのも良し、思いっきりショッピングを楽しむのも良し、なまった体をめいいっぱい動かすのも良し、名所を巡り心をゆたかにするも良し、ホリデープランで休日を有意義に過ごして心も体もリフレッシュしましょう。

そろそろ夏が終わりを迎え、これから過ごしやすい秋の季節に突入します。秋と言えば食欲の秋・読書の秋・紅葉の秋等などが思う浮かびますよね。家に居ても読書をしたりしてゆったりした気持ちでまったりした時を過ごせそうです。ですが、外に一歩出れば秋風が心地良く美しい紅葉を目にすることが出来きます。

それならホリデーに家に居るだけでは勿体無いと思いませんか。だからと言って日々忙しい中なかなかそんな外出のホリデープランを立てる時間がないって方も多いでしょう。そんな時に申し込みをするだけでお手軽にお出掛けできる日帰りバスの旅はいかがでしょうか。

様々な旅行会社やツアー会社などからそんなホリデーを充実させてくれる日帰りバスツアーの提案がされています。パンフレットだったり新聞の紙面広告や折込広告で日帰りバスツアーはよく目にしますよね。またインターネットでもたくさんの日帰りバスツアープランを検索することが出来ます。果物狩りが出来る日帰りバスツアーなら家族でホリデーを満喫出来るでしょう。秋の美味しい果物を実際に?いで食べる味はまた格別で子供も大喜び間違いないです。

また紅葉を目出ながら観光地を散策し、温泉に浸かり美味しい秋の味覚を存分に楽しめる昼食をいただく日帰りバスツアーなら大人のホリデーを味わえそうですね。他にもたくさんの充実したプランの日帰りバスツアーが企画されています。それだけこうした日帰りツアーの旅は人気が高いということでもあるのでしょう。そして日帰りバスツアーでホリデーを満喫されている方が多いということも言えますね。

日帰りバスツアーならその一日のプランがすべて決まっているので本当に自分の都合のいいホリデーの日に申し込むだけのお手軽さが何と言ってもいいではありませんか。バスツアー内容を見て気に入ったものを選べばいいので、思い立った時にすぐに行動しやすいことも大きなメリットですよね。そしていつもと違った非日常のホリデーを楽しむことが出来るのです。またバス移動なのも乗り換えいらずで楽だと言えるでしょう。小さなお子さん連れも安心です。

またバスで一緒になった知らない方ともお喋りが弾んで仲良くなれるかも知れません。このようなお手軽な日帰りバスで気分もリフレッシュ出来、そしていつも違う季節を肌で感じる活動的なホリデーを過ごせるなら、これまで参加したことがない方も一度是非申し込んでお出掛けしてみようと思いますよね。ちょっとしたホリデーを日帰りバスツアーで満喫しましょう。これから秋に向けてより内容が充実したものがたくさんあるはずです。